入居までの流れ|介護付有料老人ホームが家族の支柱になる!安心サポートの環境に迫る

入居するなら安心100%の介護付有料老人ホームへ

家と人

Happy介護day

入居までの流れ

車椅子と送迎車

家族で見学

広島の介護付有料老人ホームでは、費用やサービス、施設概要を紹介する資料を備えています。まずは無料で資料のお取り寄せをいくつか頼みましょう。それらを基に気になった施設をピックアップし、実際に見学予約すること。中には、入居者に提供される食事の試食を可能とするところもありますよ。アレルギーや病気面を考慮し、一人ひとりにあわせた食事メニューも安心要素の一つです。もっと知る為には宿泊体験もおすすめ。精神的なケアも兼ねて、充実したデイケアを行なっているところは人気を博しています。

入居の面談・申込

全てのサービスに満足して入居する際には、担当者とケアマネージャーを含めて面談が行なわれます。これにより入居の可否が決まるのではなく、現在の体調を確かめたり、家族の希望を訊いたりという場になります。本格的に入居申し込みするときには、印鑑・戸籍謄本・住民票などの提出を求められるのであらかじめ備えておきましょう。また、万が一の為に身元引受人と連帯保証人を要するので、家族で充分に相談することです。

本格的な宿泊体験

毎日の生活環境となるのだから、介護付有料老人ホームを選ぶときは慎重になりましょう。焦って決めてもいいことはありません。そこでおすすめなのが宿泊体験です。実際に朝食や昼食などを入居者と一緒に楽しみ、午後からは脳トレやデイケアを受けられます。資料や話だけでは分からないリアルを知ることで家族にぴったりの環境を見つけられるでしょう。

ここがいいよね!介護付有料老人ホームの嬉しいPOINT

no.1

一面のバリアフリー

介護を要する高齢者の中には、歩行がままならない人もいます。そんな高齢者が快適に過ごせるように考えられたのがバリアフリー。階段には昇降機を設置するなど至れり尽くせりの施設では、障害なく楽々移動が行なえます。

no.2

各個室に緊急呼び出しボタン

基本的に介護付有料老人ホームは24時間、365日体制でプロの介護スタッフが側についています。しかし就寝している間は各個室で過ごす為、逐一現状を把握できません。それを解消したものには、緊急呼び出しボタンが挙げられます。

no.3

多めの水洗トイレ

介護付有料老人ホームには、通常の施設と比較して水洗トイレの数が多いのが特徴的です。そのワケは要介護者がもよおしたときに、すぐにでもトイレへたどり着けるようにということからです。